日テレNEWS
スポーツ
2022年5月16日 16:25

「80回くらいガッツポーズした」勢いに乗る新庄BIGBOSS 日本ハム5連勝へ加藤貴之が先発

「80回くらいガッツポーズした」勢いに乗る新庄BIGBOSS 日本ハム5連勝へ加藤貴之が先発
4連勝の日本ハム・新庄剛志BIGBOSS(左)、17日の先発は加藤貴之投手(右)

◇プロ野球パ・リーグ 日本ハム10―2ソフトバンク(15日、札幌ドーム)

今季初の4連勝を飾った日本ハム。この試合では、新庄剛志BIGBOSSの采配がさえわたりました。2度のダブルスチールにスクイズ、さらに3試合ぶりにスタメン起用した淺間大基選手が勝ち越し打を放つなど、機動力を生かした攻撃で、12安打10得点を奪いました。

▼以下、新庄BIGBOSSの試合後の主なインタビュー

――試合を振り返って

「選手が僕の作戦にしっかり応えてくれる。この成長はめちゃくちゃうれしかったです。サインを出しやすかったし、信頼関係というか、決めてくれるだろうという安心感がありました。すげ~楽しかったです」

――序盤のダブルスチールについて

「『100%成功するだろう』という気持ちで僕はサインを出しているので、それに選手が応えてくれているので最高ですね。決まった瞬間、80回くらいガッツポーズした」

――淺間選手の勝ち越し打は?

「俺、100%じゃない?なんでだろう。起きて、球場に来るときに、『きょうは彼だ』『きょうは誰誰だ』って出てくるんですよね。『淺間くん、間違いなく右中間に打つよ』と思ったら、しっかり右中間に打って。柳田くん(ソフトバンク)のホームランもちょっと当たったけどね(笑)

――万波選手の特大弾など、打線が爆発しました

「あのホームラン、たぶん152mくらい飛んだ。俺が甲子園で打ったプロ野球生活の中で、一番飛距離を出した距離くらい出したんじゃないかな。3番、4番、5番も線になってきてる感じはめちゃくちゃ受けますね。素晴らしい」

――チームの成長について

「なによりチームの競争心。出る選手が、ベンチで見ていても、『きょうは俺がやるんだ』『きょうは俺がヒーローをとるんだ』という、ポジションに向かっていく時の勢いが出てきているので。出られない選手はチャンスがあるんだから、出た時にヒーローになるという気持ちを。出ている選手は続けて出るという気持ちを。勝ち負けはあるけど、その中でも楽しく。勝ったら余計楽しいし、負けたら悔しいし、いい流れで来ていると思います」

◇  ◇  ◇

チームの手応えをつかんでいるBIGBOSS。17日のオリックス戦(ほっともっと神戸)では初の5連勝がかかります。

日本ハムの先発は加藤貴之投手(2勝3敗・防御率2.57)、オリックスは山岡泰輔投手(3勝1敗・防御率0.89)がマウンドに上がります。