×

幻想的な光景に「火振りかまくら」 

2024年2月15日 12:00
幻想的な光景に「火振りかまくら」 

仙北市角館町の小正月行事「火振りかまくら」が14日夜行われ、暗闇に浮かぶ炎の輪が幻想的な光景をつくり出していました。

午後6時。地元の有志がつくった炭俵に火が移され400年以上続く火振りかまくらが仙北市角館町の各地で始まりました。今年は雪不足の影響で予定より少ない22か所が会場となりました。

体のまわりで円を描くように回すことで田んぼの厄をはらうとともに、無病息災や家内安全を祈ります。14日夜は多くの観光客も訪れ、カメラを向けたり体験したりして小正月行事を楽しみました。

秋田市から訪れた女性は「楽しかったです。思ったより全然怖くなかったです」と話し、地元に住み、娘と訪れた女性は「自分が小さいころにやってたのを子供にも経験させてあげられて、良かったです。こういうのが地元にあるんだよって教えてあげられてよかったです」と話していました。

14日夜は天候にも恵まれ、暗闇に浮かぶ炎の輪が幻想的な光景をつくり出しました。

    ニュース
    テレビ
    ラジオ
    イベント・映画
    アナウンサー
    番組表
    動画配信
    ブログ
    ABSあきたアプリ
    SNS
    • ABS NEWS NNN
    • 幻想的な光景に「火振りかまくら」