×

国道359号通行止め解除 能登半島地震で被害

2024年6月11日 11:57
国道359号通行止め解除 能登半島地震で被害
能登半島地震で被害を受けて通行止めとなっていた小矢部市の国道359号が11日に通行再開です。仮設の道路が整備され、およそ5か月ぶりに通行できるようになりました。

石川県境に向かう国道359号では、11日の朝、通行再開を待つ車の列ができていました。

ドライバー「金沢方面へ行くのが1時間半以上かかっていたので(通行再開で)通勤が楽になる。」

警備員「通行止め 解除します」

通行止めが解除されたのは、国道359号の石川県境に近い小矢部市五郎丸と内山の間およそ3.7キロと、県境から金沢市側のおよそ6キロです。

午前10時の解除とともに車が通り始めました。

山田佳奈記者「こちらの元あった道路は崩れ落ちたままになっているのですが、あちら、山側の道路が新たにう回路として作られました」

小矢部市内の被災区間は、道路がおよそ100メートルにわたって崩れ落ちるなど、地震で大きな被害を受けていました。

道路を管理する県は、長さ150メートルの仮設の道路を整備しました。

仮設道路を含む3か所では、片側交互通行となります。

県は本格的な復旧には今年度中に着手するということです。
北日本放送|KNB|富山[ テレビ ]1ch/[ ラジオ ]AM738kHz/FM90.2MHz
  • KNB NEWS NNN
  • 国道359号通行止め解除 能登半島地震で被害