×

深刻な液状化被害の内灘町で「公費解体」始まる 対象となる半壊以上は1000棟確認

2024年5月20日 11:51
深刻な液状化被害の内灘町で「公費解体」始まる 対象となる半壊以上は1000棟確認

地震により被災した建物の解体を所有者に代わって自治体が請け負う「公費解体」がきょうから内灘町で始まりました。

重盛 友登 記者:
「液状化の被害が深刻だった内灘町ではきょうから公費解体が始まりました。こちらの家屋では建物周辺の撤去作業が行われています」

きょうから公費解体が始まったのは内灘町西荒屋の住宅で、けさは町内では1件目となる解体作業として植え込みの撤去作業が行われました。
町によりますと公費解体の対象となる半壊以上の建物は町内でおよそ1000棟確認されていてこのうち申請があったのはおよそ280件だということです。

内灘町町民福祉部・中村昂聖さん:
「震災当時のまま残ってる住宅が大多数なのでこれから公費解体進めていって」
「町全体の課題として取り組んでいきたい」

町では県と連携して引き続き住民の意向を聞き取りながら公費解体を進めていきたいとしています。

テレビ金沢
  • テレ金NEWS NNN
  • 深刻な液状化被害の内灘町で「公費解体」始まる 対象となる半壊以上は1000棟確認