×

エアコンのない避難所も…今後の暑さ対策は? 保健師が仮設住宅巡回も

2024年5月15日 18:30
エアコンのない避難所も…今後の暑さ対策は? 保健師が仮設住宅巡回も

気温が高くなる中、心配されるのが「熱中症」です。
輪島市の避難所ではエアコンのない場所も。
今後の暑さを心配する声が上がっています。

現在、37人が避難している、輪島市の大屋小学校。
避難所となっているのは体育館で、エアコンはありません。

大屋小学校避難所運営・小路貴穂 副代表:
「ここを開けて風は一応通りますけども、昼間になると南側なんで熱風になったり」
「暑いときはムワーっとして、25度くらいにはなります。工夫して、あそこも上開けているような状況なので」

大きな扉は地震で歪み、開かず。
小さな窓を開けて換気していますが、空気はこもったような状態だといいます。
さらに。

「パーテーションになっていて中が見えないので、常にアンテナを張っていないと難しいかなと。」
「暑いと思います。閉め切ったままだと」

プライベート保護のための間仕切りが風を遮るほか、中が見えないため、体調を崩した人が倒れていても気付きにくいと話します。
また、輪島市では保健師が仮設住宅を巡回し、入居者の体調の確認を進めています。

保健師:
「慣れない環境での生活などが続 いていて、体力も本当にギリギ リなところで生活されている方 が多いと思いますので、例年以 上に熱中症になりやすい状況だというふうに意識していただいて」

熱中症予防のため、部屋の換気を意識するほか、のどが渇く前にこまめに水分を摂取するなどの対策を呼びかけています。

テレビ金沢
  • テレ金NEWS NNN
  • エアコンのない避難所も…今後の暑さ対策は? 保健師が仮設住宅巡回も