×
  • NIB NEWS NNN
  • 雪のピークは「21日朝から昼まで」と「22日未明から朝まで」の2回 警報級の大雪となるおそれ《長崎》

雪のピークは「21日朝から昼まで」と「22日未明から朝まで」の2回 警報級の大雪となるおそれ《長崎》

2023年12月20日 20:31
雪のピークは「21日朝から昼まで」と「22日未明から朝まで」の2回 警報級の大雪となるおそれ《長崎》

強い寒気の影響で県内は21日から22日にかけて、警報級の大雪となるおそれがあり、気象台が注意・警戒を呼びかけています。

気象台によりますと、今夜から県内の上空に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込みです。

雪は、20日夜から降りはじめ、21日明け方から22日にかけて平地・山地ともに雪が積もるおそれがあります。

21日午後6時からの24時間には、山地で10センチから20センチ、平地で5センチから10センチの雪が降る予想です。

気象台が、今回の雪と「同じ程度」とするのが去年12月22日から翌日にかけての大雪。

路面の凍結などによる事故が県内各地で多発したほか、路線バスが運行見合わせになるなど交通機関に影響も出ました。

現在のところ、長崎市内を走る路面電車や路線バスは21日も通常運行としていますが、状況によって変更の可能性があるとしています。

また、22日は県内のほとんどの公立小中学校で終業式が行われる予定ですが、長与町は、町内8つの小中学校で21日に前倒して実施することを決めています。長崎市や佐世保市は、雪の状況に応じて、学校ごとに判断するということです。

今回の雪のピークは「21日朝から昼まで」と「22日未明から朝」までの2回と予想されています。

気象台は、同じところで降り続いた場合は警報級の大雪となるおそれがあるとしていて、▼路面凍結による交通障害や農作物の管理に注意・警戒するよう呼びかけています。

長崎市内では、雪への備えを始めているという人もいました。

(市民)
「買い物をきょうのうちにちゃんとして準備しておかないと」
「石油ストーブとか温風ヒーターとか(出した)灯油を2缶買ったけど2缶で5000円くらいとられて暖房代のお金がかかる」