×

国内15都市目 難民支援の輪に協力「難民を支える自治体ネットワーク」長崎市が署名《長崎》

2024年3月21日 13:00
国内15都市目 難民支援の輪に協力「難民を支える自治体ネットワーク」長崎市が署名《長崎》

長崎市が21日、UNHCR=国連難民高等弁務官事務所の「難民を支える自治体ネットワーク」に署名しました。

署名式には、鈴木市長とUNHCR=国連難民高等弁務官事務所の伊藤 礼樹駐日代表が出席しました。

UNHCRは、難民支援の輪を広げようと、世界の自治体と連携するキャンペーンに取り組み、長崎市のネットワーク加盟は国内では15都市目です。

(UNHCR 伊藤 礼樹 駐日代表)
「全世界には、1億1400万人の難民、国内避難民がいる。(平和都市の)長崎市が参加していただけること自体、そういう人たちの心の支えになる」

市は、(5年前から)「世界難民の日」にあわせて、稲佐山などのライトアップを行っていて、今後、さらにイベントなどで協力したいとしています。

    • NIB NEWS NNN
    • 国内15都市目 難民支援の輪に協力「難民を支える自治体ネットワーク」長崎市が署名《長崎》