×

午前3時から並ぶファンの姿も 約9億7000万円をかけ、水木しげる記念館をリニューアルオープン 初日から1500人を超える来場客でにぎわう 鳥取県境港市

2024年4月22日 17:38
午前3時から並ぶファンの姿も 約9億7000万円をかけ、水木しげる記念館をリニューアルオープン 初日から1500人を超える来場客でにぎわう 鳥取県境港市

300人のファンが行列を作りました。鳥取県境港市にある水木しげる記念館がリニューアルオープンし多くの来場客でにぎわいました。

2023年3月からリニューアルのため休館していた水木しげる記念館。オープン初日となった4月20日は300人のファンが行列を作っていました。オープンを待つファンはー。

ファン
「先生のお誕生日(3月8日)にちなんで午前3時8分から午前6時くらいまで1人で並んで」

「1か月以上前からチケットの予約をとって来たいと思ってました」

そして、午前9時30分に開館すると、待ちわびたファンを鬼太郎や猫娘など妖怪たちが出迎えました。水木しげる記念館は、境港市が約9億7000万円をかけてリニューアルし、広さはこれまでの1.5倍に。水木作品に出てくる妖怪たちが洞窟に潜んでいたり、3D動画で紹介されたりしています。また貴重な原画が初めて展示されたほか、生い立ちや太平洋戦争への出征など水木しげるさんの波乱万丈の人生を知ることができます。

訪れた人
「やっぱり背景となる生き方とかっていうところも今回いろいろ見させていただいて、非常に良かったです」

「いろんな先生の言葉、なかなか感銘を受けました。くよくよするな、みたいなね。人生はやり直しきくぞみたいなとか、けんかしたら腹へるぞとかあれは良かったです」

今回のリニューアルでは、かつて館長を務めた庄司行男さんが3年ぶりに復帰。庄司さんはアニメ版の「ゲゲゲの鬼太郎」にも“庄司おじさん”として登場するなど、ファンの中では知られる存在でさっそく来場者と交流を深めていました。

水木しげる記念館 庄司行男 館長
「ファンの方が熱心に見ておられるそのシーンを間近で見られるっていうのがすごくうれしいです。やっぱり93年の大漫画家・水木しげるの生涯をこの記念館で本当に余すことなく全部吸収して帰っていただきたいです」

初日はさっそく1500人を超える人が訪れた水木しげる記念館。今後はコロナ禍前の水準となる年間20万人の来場が目標だということです。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • 午前3時から並ぶファンの姿も 約9億7000万円をかけ、水木しげる記念館をリニューアルオープン 初日から1500人を超える来場客でにぎわう 鳥取県境港市