×

山陰両県で公立高校入学試験始まる 鳥取西高では学校全体で「初の定員割れ」 鳥取県

2024年3月5日 12:05
山陰両県で公立高校入学試験始まる 鳥取西高では学校全体で「初の定員割れ」 鳥取県

山陰両県の公立高校の入学試験が3月5日から2日間の日程で始まりました。

鳥取県では、22の公立高校で入学試験が行われています。このうち鳥取市の鳥取西高校では263人の受験生が午前9時20分から第一科目の国語の試験に臨みました。

鳥取県内の全日制の受験者数は2648人で、競争率は0.87倍(昨年度0.88倍)と昨年度をわずかに下回りました。

また、鳥取西高校の募集定員が273人だったのに対し志願者は263人となり、競争率が0.97倍と、1倍を下回りました。鳥取県教育委員会によると、鳥取西高校が学校全体で「定員割れ」となったのは、初めてだということです。

3月6日は面接などが行われ、合格発表は、3月14日の正午に各高校で行われます。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • 山陰両県で公立高校入学試験始まる 鳥取西高では学校全体で「初の定員割れ」 鳥取県