×

JR観光列車「かんぱち・いちろく」記者が体験 「大分・福岡の良さをぎゅっと1つに詰め込んだ列車」

2024年4月26日 20:03
JR観光列車「かんぱち・いちろく」記者が体験 「大分・福岡の良さをぎゅっと1つに詰め込んだ列車」

4月26日に運行を開始したJR九州の観光列車「かんぱち・いちろく」。その試乗会が24日行われ、博多発の列車にTOSの記者が乗りその魅力を体験しました。

豪華な内装の車内、奥に進んでいくと…

◆TOS山路謙成記者
「わーおしゃれで洗練されたデザインとなっている」

JR久大本線を通る「かんぱち・いちろく」はJR博多駅とJR別府駅の間を約5時間かけて走行します。

車両は3両編成でテーブルなどには大分県産の日田杉を使用。大分の温泉や火山をイメージした座席や、靴を脱いでくつろげる畳の個室も用意されています。

そしてなんといっても楽しみなのが食事です。
丁寧に敷き詰められた色とりどりの料理。大分と福岡の6つの名店が手掛けた和食やフレンチなどを味わうことができます。

◆TOS山路謙成記者
「こちらの豊後牛白ワイン煮いただきます。白ワインの風味が感じられて肉も柔らかくておいしい」

また、中央の車両には共用スペースとして利用できるラウンジも。

樹齢約250年の日田杉の一枚板で作られたカウンターが備えられていて、絶景を眺めながらドリンクなどを楽しめるのも大きな魅力の1つです。

約5時間の贅沢な鉄道の旅はあっという間に終了しました。

◆TOS山路謙成記者
「大分・福岡の良さをぎゅっと1つに詰め込んだような快適な旅でした。また乗ってみたい」

贅沢な鉄道の旅、みなさんも一度体験してみませんか?

    テレビ大分
    • TOS NEWS NNN
    • JR観光列車「かんぱち・いちろく」記者が体験 「大分・福岡の良さをぎゅっと1つに詰め込んだ列車」