日テレNEWS
カルチャー
2013年11月13日 15:50

主題歌・エンディング曲はサカナクション!

主題歌・エンディング曲はサカナクション!
(c)NNN

 映画「ジャッジ!」(2014年1月11日公開)の主題歌とエンディング曲を男女5人組ユニット「サカナクション」が担当することが、分かった。サカナクションが映画に楽曲提供するのは初めて。

 主題歌は2010年8月にリリースし、ほとんどのライブでセットリストに入る人気曲「アイデンティティ」。エンディング曲はサカナクション特有のエレクトロ・クラブ・サウンドが印象的な新曲「ユリイカ」に決まった。

 映画の舞台は世界一のテレビCMを決める国際広告祭。上司の替え玉で審査員として参加することになってしまった落ちこぼれ広告マンの太田喜一郎(妻夫木聡)が、世界中のくせもの審査員たちとグランプリ争奪戦の駆け引きを繰り広げるコメディー。
 主人公・喜一郎の心情と「アイデンティティ」の歌詞内容が重なることからサカナクションにオファーしたという。
 
 サカナクションの山口一郎は「『アイデンティティ』という過去に発表した楽曲を、3年以上たった今、映画の主題歌として取り上げていただけることは作曲者として非常に光栄なことです」とコメント。
 ブレークする前からサカナクションのファンという主演の妻夫木も「大好きなサカナクションさんと『映画』でつながれることに狂喜乱舞しております。独創的で人の心を躍らせるその音楽が、『ジャッジ!』を盛り上げてくれること間違いなし!公開が待ち遠しいです」と期待を寄せた。