日テレNEWS
カルチャー
2016年8月5日 20:26

船越英一郎、祇園祭に潜入「実は初めて」

船越英一郎、祇園祭に潜入「実は初めて」
(c)NNN

 BS日テレ「船越英一郎 京都の極み」(毎週日曜午後9時〜)で日本三大祭りの1つ「京都 祇園祭」を特集することが、分かった。

 案内本を出すほどの“京都ツウ”で知られる俳優の船越英一郎(56)が案内人を務め、古都・京都の魅力をたっぷりと紹介する番組。
 32回目となる7日の放送では、7月中旬に行われた「祇園祭」に船越が潜入。八坂神社から3基のみこしが出発する模様や、2000人を超える町衆がみこしの担ぎ手として参加する様子など1000年以上続く「祇園祭」の歴史と魅力を紹介する。

 祇園祭の取材を終えた船越は「こんなに間近で祇園祭を体験するのは実は初めてのことです」と感激。
 「人々の情熱と創意工夫、祭りにかける心意気。今回はそういったものに触れられた気がしています」と、しみじみ語った。