日テレNEWS
カルチャー
2017年8月13日 15:40

じゅんいち、新ギャグは「ゴラッソ!」

じゅんいち、新ギャグは「ゴラッソ!」
(c)NNN

 お笑いタレントのじゅんいちダビッドソン(42)が13日、都内で行われた参加型スポーツイベント「MARUNOUCHI SPORTS FES 2017」(17日まで)のトークショーに出席した。

 来場者の健康意識向上や交流促進を目的としたイベントで、じゅんいちは元サッカー選手の北澤豪氏(49)、ドリブルデザイナーの岡部将和氏(34)と一緒にサッカートークを展開。
 サッカー日本代表・本田圭佑選手(31)のモノマネをしているじゅんいちは、本田選手が伊・ミランからメキシコ・パチューカへ移籍したため、「大変なんですよ。僕、勝手に『グラッチェ!』(伊語で“ありがとう”)ってギャグを作ってやってたんですけど、最近、言えなくなって」と苦笑い。すでに対策は練ってあるそうで「新く『ゴラッソ!』(スペイン語で“素晴らしいゴール”)っていうのを考えたんですよ」と新ギャグを披露し、胸を張った。

 司会者に自身のサッカースキルについて聞かれると「めちゃくちゃヘタなんです。でも、フリーキックで左足でけるモノマネをしていたら、左足でけるのがうまくなってきた」と回答。
 ドリブルについても「本田選手自体がドリブルで抜くようなタイプの選手じゃないので、そこのモノマネはまだしていない。だから僕も必然的にうまくはないですよね」と話すと、すかさず北澤氏が「それって、本田がドリブルうまくないみたいじゃない?」とチクリ。じゅんいちは「違いますよ!そういうタイプじゃないってことですよ。失言させようとしないでくださいよ!」と大慌てだった。