日テレNEWS
カルチャー
2018年7月10日 14:54

久本雅美、家庭に入るのは「正直、無理」

久本雅美、家庭に入るのは「正直、無理」
(c)NNN

タレントの久本雅美(60)が10日、生誕60年記念イベント「マチャミの婚前披露宴 還暦すぎてもヨロちくび〜!」の合同取材会を都内で行った。

新婦になった久本が、客を列席者として新郎不在の“妄想披露宴”を繰り広げるイベントで、9月22日から全国5都市で上演。
この日は全身赤のコーディネートで登場し、「船から見る夕陽を見ながら、プロポーズされる」など、「死ぬまでにしたい10のこと」をアピールした。

取材陣から「これまで結婚しなかった理由は?」と聞かれると、「結婚よりも、もっと面白くなりたいとか、もっと大きくなりたいとか、もっと力をつけたいとかのほうが大きかった。結婚というよりは、もっと自分の幅を広げたいというほうに、エネルギーがいっちゃいましたね」と、包み隠さず告白。
結婚したいと思った男性も「いなかったですね」と語り、「お付き合いした方はみんないい人でしたし、素晴らしい人でしたけど、結婚したいっていう人はいなかった。おそらく向こうにもなかったと思います」と、残念そうに振り返った。

結婚相手には、安心感と「(自分を)自由にさせてくれる包容力」を望むという。
結婚を考えている相手から「結婚して家庭に入ってくれ」と言われたとしても、「正直、無理かな〜」と仕事優先の考え。「やっぱり私という人間を知っていただいた上で尊重してくれないと…。『家庭に入って家のことだけをしろ』って言われたら、たぶん無理でしょうね。言われたとたんに、泡を吹いて倒れますね。無理!って言って。やっぱりお仕事が好きなんでしょうね」と笑顔を見せた。