日テレNEWS
カルチャー
2018年10月10日 20:35

上島竜兵、おでん芸を披露も「温度が…」

上島竜兵、おでん芸を披露も「温度が…」
(c)NNN

歌手の島谷ひとみ(38)、お笑いトリオのダチョウ倶楽部が10日、都内で開催された「広島県 牡蠣ング オブ・ザ・イヤー2018発表会」に出席した。

広島県は牡蠣生産量全国1位を誇り、1日に牡蠣の水揚げが解禁されたばかり。
実家が牡蠣養殖産業を営んでいるという島谷は、広島牡蠣の発展に貢献したとして「牡蠣クイーン」に選ばれた。

島谷は「牡蠣屋の娘に生まれて良かった。(受賞を)家族・親戚が喜んでくれると思います」とスピーチ。
さらに「芸能界で一番、私が牡蠣に詳しいと思うので、一生懸命これから牡蠣クイーンとしてPRしていきたい」と語った。

ダチョウ倶楽部の3人はスペシャルプレゼンターとして登場し、得意の「おでん芸」を披露。
上島竜兵(57)は「今まで何百回、何千回とおでん芸をやっていますけど、おいしいなと思ったのは今日が初めて。最高でしたね」と喜ぶ一方、熱々のおでんではなく、リアクションをしづらかったのか、「やっぱり職員の人が作っているから、温度が“バラエティー温度”になっていなかった。言っておけば良かったね」と苦笑いした。