日テレNEWS
カルチャー
2018年10月24日 15:25

八代亜紀、ジュエリーは「人を幸せにする」

八代亜紀、ジュエリーは「人を幸せにする」
(c)NNN

歌手の八代亜紀(68)が24日、神奈川・パシフィコ横浜でトークショーを行った。

同所では26日まで「日本ジュエリーベストドレッサー賞歴代受賞者によるトークショー」を開催中。
八代は「第22回」(2011年)の60代以上部門で同賞に選ばれており、「夢でしたから、受賞できてよかった」と振り返った。

2年前から自身で宝石ブランドを手がけるなど、ジュエリーへの愛は止まらない様子で、「『なみだ恋』が大ヒットしてからお金持ちになって、買いたいと思っていた宝石が買えるようになったのがスタート。だから、宝石を身につけるとステップアップした感じになります」と八代。
続けて「ジュエリーは人を幸せにする。キラキラしているのを見るだけで楽しくなる。たくさんとかじゃなくて、人生のご褒美で『この宝石がほしい』っていうものを見つけられたら」と宝石の魅力を語った。

現在も歌に、油絵に、宝石のプロデュースと幅広い分野で活躍中。
今後の人生プランを聞かれると「80歳の時に、年間5、6回しかステージに立てないかもしれないけど、生で(歌が)聞けるって(会場の)ロビーに人がごった返すことが目標です」と、ほほ笑みながら答えた。