日テレNEWS
カルチャー
2018年11月8日 17:23

山田ルイ53世ノンフィクション本大賞逃す

山田ルイ53世ノンフィクション本大賞逃す
(c)NNN

今年から新設された「Yahoo!ニュース 本屋大賞 2018年 ノンフィクション本大賞」の発表会が8日、都内で行われ、探検家で作家の角幡唯介さん(42)の「極夜行」(文藝春秋)が大賞に輝いた。

同書は冬の北極を舞台に、太陽が昇らない極夜の4か月間の冒険をつづったもの。
角幡さんは「注目度の高い賞をいただいて光栄です」と喜び、「作品を書きたいという思い、次の作品への期待が冒険のモチベーションになっている。来年はニューギニアの探検をしたいと思っています。50歳までは(冒険を)やりたいな」と目を輝かせた。

なお、髭男爵・山田ルイ53世(43)の「一発屋芸人列伝」(新潮社)もノミネートの10作に入っていたが、受賞を逃した。
発表を受けて山田はツイッターを更新。角幡さんの大賞受賞を「おめでとうございます」と祝福した。著書の写真もアップ。同書には「本屋大賞 ノンフィクション本大賞ノミネート!」と書かれた帯がついており、「この帯は永久保存版。今後、ノンフィクション本大賞発表の日が来るたびに『そういえばパパ、第1回にノミネートされてたなー…極夜行と一緒に』と娘からのリスペクトを巻き上げるための重要なアイテムとさせていただきます」と記している。