日テレNEWS
カルチャー
2019年1月9日 20:11

松平健、新曲「マツケン・アスレチカ」披露

松平健、新曲「マツケン・アスレチカ」披露
(c)NNN

俳優で歌手の松平健(65)が9日、名古屋・御園座で新曲「マツケン・アスレチカ」を披露した。

松平は現在、同所で「松平健・中村美律子 新春特別公演」を開催中。
新曲「マツケン・アスレチカ」はヒット曲「マツケンサンバII」と同じ振付師の真島茂樹が手がけたもので、松平はステージ後半、12人のダンサーと一緒に踊りながら7色のカラフルなコスチュームを着て元気いっぱいに歌い上げた。

松平は公演終了後、新曲について「体を動かしながら楽しむと認知症改善につながるということをお医者さんからお聞きまして、ぜひそういう歌を作ろうとみんなで相談してこの歌ができあがりました」とコメント。
「以前の『マツケンサンバII』も老人ホームや施設でいまだに皆さんで踊っていらっしゃるそうなので、それに続くものができればいいですね」と話した。