日テレNEWS
カルチャー
2019年5月20日 22:19

美里里美「夢は笑いが取れる演歌歌手」

美里里美「夢は笑いが取れる演歌歌手」
(c)NNN

ものまねタレント・清水アキラ(64)の秘蔵っ子の演歌歌手・美里里美(みさと・さとみ=23)が20日、東京・三越劇場で新曲「夕月波止場」の発表会を行った。

宮城出身の美里は、祖母の影響で民謡に親しみ、東北地区を中心に数々の大会で優勝や入賞をしてきた実力者。清水に見い出され、17年に歌手を目指して上京。その後は、修行の日々を過ごして来たが、今月15日に「夕月波止場」でメジャーデビューを果たした。

この日のライブでは、新曲のほか「いい日旅立ち」「津軽海峡冬景色」など全23曲を披露し、応援に駆け付けた400名のファンを魅了。美里は「不思議なくらい緊張がなく、みなさまに温かい視線をいただいて、楽しく歌わせていただきました」と笑みを浮かべた。

師匠の清水が「毎日のように練習していたんですけども、10あるうちの6つくらいしかできなかったので、60点っていうところかな」と辛口の採点をすると、美里は「たくさん課題がある。残念です」と苦笑いした。

美里は、今後の目標を「夢は笑いが取れる演歌歌手」と明かし、「一生懸命、清水アキラさんについていきたい。たくさんの方に、これからお会いして、テレビにも出て、“目指せ紅白”で頑張っていきたい」と意気込んだ。