日テレNEWS
カルチャー
2019年7月25日 19:17

45周年の山本譲二「よう頑張れた」

45周年の山本譲二「よう頑張れた」
(c)NNN

歌手の山本譲二(69)が25日、デビュー45周年記念&新曲「人は旅人」の発売記念イベントを都内で開催した。

表題曲とカップリング曲「MABU達」の作詞・作曲を、歌手の吉幾三(66)が担当。イベントでは吉も駆けつける中、山本が両曲を熱唱した。
新曲について山本は「本当にいい歌を書いてもらえて幸せ」と吉に感謝。さらに「やっぱり吉幾三って苦労しているし、物事をよく知っているなって感じましたね」と話すと、吉は「大丈夫か…。今までオレと三十何年いたけど、きょうが一番オレを褒めるじゃん」と照れた。

山本はこれまでの歩みを振り返り、「あてもつてもない花の都・東京に、ひとりで夜汽車に乗って出てきて、18(歳)の時からひとりで生活して、24(歳)でデビューして、7年たって初めて『みちのくひとり旅』と出会って。よう頑張れたってのが本音」と、しみじみ。
今後も「とりあえず命ある限り歌い続けたい」と意欲を見せつつ、「吉はいいよね。ヒット曲はあるし、権利ものを持っているから、月にかなり(お金が)入ってくるでしょ。オレは大変なんだって」と、うらやんで笑わせた。