日テレNEWS
カルチャー
2019年11月17日 21:26

ラグビー稲垣選手「にわかファンうれしい」

ラグビー稲垣選手「にわかファンうれしい」
(c)NNN

ラグビー日本代表の堀江翔太選手(33)、稲垣啓太選手(29)が17日、都内でBlu−ray&DVD「ラグビーワールドカップ2019 日本代表の軌跡〜悲願のベスト8達成!世界を震撼させた男達〜」の発売記念イベントを行った。

ラグビーワールドカップ2019で日本代表は悲願のベスト8を達成。日本代表の激闘を全試合完全ノーカット収録したほか、ワールドカップ期間中、日本代表に密着取材し、テレビ未公開の練習風景やキャプテンズラン(前日公式練習)、試合後の記者会見など、バックステージドキュメンタリーも特別収録されている。

「副音声」が見どころだという堀江選手は、「その時の(試合の)エピソードを話しているので、見ていて楽しいんじゃないかな。普段のガッキー(=稲垣選手)よりは口数が多い」とアピールした。

今年一年の世相を反映する言葉を選ぶ「2019ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語30の中に“にわかファン”や稲垣選手の代名詞の“笑わない男”など、ラグビーに関するワードが5つ選出された。

司会者から「逆に笑えなくなってしまわない?」と問われた稲垣選手は「そんなことないです」とコメント。“にわかファン”が増えたことについても「ラグビーの認知度が非常に上がってきたという印象がある。にわかファンは、非常にうれしいし、何を始めるにしても最初は“にわかファン”という道を誰しもが通ると思うので、これから、どんどんラグビーに対してもっとのめり込んで、ラグビーの楽しさっていう部分を気づいていただけたら」と語った。