日テレNEWS
カルチャー
2020年1月20日 22:02

北別府学さん、白血病で療養へ

元プロ野球広島のエースで野球解説者の北別府学さん(62)が20日、所属事務所を通じて成人T細胞白血病であることを公表した。

所属事務所によると、北別府さんは2年前に検査で成人T細胞白血病と診断され、月に一度の定期健診で経過観察をしてきたが、昨年11月の検診から数値が上がってきたため、医師と相談のもと、明日21日から広島県内の病院に入院することに。今後の治療法は、化学療法を行い、その後、骨髄移植を行うという。

北別府さんはブログを更新し、「明日から化学治療(抗がん治療)に入り化学治療後、無菌室に入ります。その治療を数回やり骨髄移植となるそうです。治療期間は3ヶ月から半年ほどだと予測されますが個人差があるようです」と報告し、「暫くはブログの更新も出来なくなると思いますが、解説者としてカープの日本一を見届ける為に必ずや復活します」と思いをつづった。