日テレNEWS
カルチャー
2021年6月9日 15:54

中山優馬、ロックオペラで主演に

中山優馬、ロックオペラで主演に
(c)NNN

俳優で歌手の中山優馬さんがロック☆オペラ「ザ・パンデモニアム・ロック・ショー〜The Pandemonium Rock Show〜」《9月18日(土)〜10月3日(日)日本青年館、10月8日(金)〜11日(月)森ノ宮ピロティホールにて上演》で主演を務めることが発表されました。

作品は昭和の音楽界を舞台に激動の時代を生き抜く若者たちを描く音楽劇。中山さんは若者から熱狂的な支持を受けるバンドのボーカルで主人公の楠瀬涼を演じます。

さらに、姉妹アイドルデュオとして活動し、楠瀬と恋に落ちるヒロイン・及川真実役として元乃木坂46の桜井玲香さんが出演することも発表。他にも森雪之丞さん(作・作詞・楽曲プロデュース)、亀田誠治さん(音楽)、河原雅彦さん(演出)といった豪華なクリエイター陣が集結したことでも話題の作品となっています。


■中山「音楽はいつの日も時代を飛び越えます」

主演の中山さんは「今回の作品はロックオペラという事でどういった仕上がりになるのか今から楽しみです。台本を初めて読んだ時、何故かわからないままワクワクしてる自分の気持ちに驚きました。既に、素敵な作品になると感じています。素晴らしいクリエイター、共演の皆様と出来る限り、濃密な時間を過ごしたいと思います。音楽はいつの日も時代を飛び越えます。まだまだ、世の中苦しい状況は続いておりますが、1人でも多くの方の癒しや希望になれるよう頑張ります」とコメント。


■桜井「個性派揃いの役者さんだらけなので、思いっきり弾けたい」

また、ヒロインを務める桜井さんは「音楽が亀田誠治さん、作・作詞・楽曲プロデュースを森雪之丞さん、演出に河原雅彦さんが手掛けるとお聞きし、うわ!絶対面白いやつだ!と思いました。 皆さんいつかご一緒したいと憧れていた方々なので、この最強タッグの作品に出演出来ること、今からワクワクが止まりません。 出演者の皆さんも、個性派揃いの役者さんだらけなので、思いっきり弾けたいと思います」と意気込みを語りました。

画像:ロック☆オペラ「ザ・パンデモニアム・ロック・ショー〜The Pandemonium Rock Show〜」ポスタービジュアル