日テレNEWS
カルチャー
2022年7月15日 13:42

King Gnuのベース新井和輝 新型コロナ感染 17日の音楽フェスは3人で出演へ

4人組バンド・King Gnu(キング ヌー)のベースを担当する新井和輝さんが、新型コロナウイルスに感染したことが15日、バンドの公式ホームぺージで発表されました。

ホームページによりますと、新井さんは11日に濃厚接触者の認定を受け、軽い喉の痛みがありPCR検査を行ったところ結果は陰性。その後も隔離対応などをしながら連日抗原検査とPCR検査が行われ、14日の抗原検査で感染疑いの反応がありPCR検査を行ったところ陽性が判明したということです。

新井さんは今年2月にも感染したことを報告していました。

King Gnuは17日に行われる音楽フェス『NUMBER SHOT2022』の出演が決まっており、メンバーとスタッフ間で協議をした結果、常田大希さん、勢喜遊さん、井口理さんの3人で出演すると発表。「LIVEを楽しみにお待ち頂いていた皆様に、万全の体制でのKing Gnuをお見せすることが出来ず申し訳ございません」と報告しました。

■メンバー・スタッフと話し合いフェスは3人で出演へ「こちらの心配は大丈夫」

新井さんは自身のツイッターで「コロナ陽性になってしまいました。なんとかナンバーショットに出るべくできることはすべてやってきましたが、この結果になってしまって本当に悔しいです。本当に申し訳ない」とファンに向けて謝罪。

さらに「ナンバーショットはメンバー、スタッフで話し合って3人で出てもらうことになりました。3人は俺らに任せてしっかり休んでねと言ってくれました。ある意味超超プレミアライブになるはずです。最高のステージになるよう家からお祈りしています。熱はもうすでに下がって穏やかに過ごせています。なのでこちらの心配は大丈夫。ほとんど遊びに出たりしなくてもかかってしまったので、みんなもマジで気をつけてこれからの夏フェスシーズンみんなで乗り越えようね。ナンバーショット楽しんで!!!」とコメントしています。