日テレNEWS
カルチャー
2022年8月6日 22:15

STU48、“原爆の日”に広島ゆかりのアイドルと共演 沖侑果「平和を考えるきっかけになれば」

STU48、“原爆の日”に広島ゆかりのアイドルと共演 沖侑果「平和を考えるきっかけになれば」
STU48の沖侑果さん(C)STU

広島を拠点の1つとして活動するアイドルグループ・STU48のメンバー7名で結成されたユニット『STU48瀬戸内PR部隊 Season2』が6日、都内で開催中の『TOKYO IDOL FESTIVAL』に出演。広島の“原爆の日”に、STU48の呼びかけに賛同した広島ゆかりのアイドルと共に、平和を願うメッセージソングを披露しました。

『STU48瀬戸内PR部隊 Season2』は、STU48内でのファン投票によって選ばれた7名で結成されたユニット。石田千穂さん、沖侑果さん、尾崎世里花さん、高雄さやかさん、中村舞さん、福田朱里さん、岡田あずみさんが所属しています。

■STU48が広島ゆかりのアイドルと共演

広島市に原爆が投下されてから77年のこの日、ステージには、『STU48瀬戸内PR部隊 Season2』のメンバーのほか、STU48のキャプテン・今村美月さん、さらに広島ゆかりのアイドル・NEMURIORCAのアイリさん、≠MEの永田詩央里さん、愛乙女☆DOLLの矢野美優さん、=LOVEの山本杏奈さんが登場しました。

広島ゆかりの出演者が、STU48の新曲『花は誰のもの?』を平和の願いを込めて披露しました。この楽曲は、ロシアによるウクライナ侵攻が始まったタイミングで、作詞家の秋元康さんが歌詞を書き下ろした平和を願うメッセージソングとなっています。

今村さんは「広島県出身の代表としてこうして瀬戸内PR部隊と広島県出身のアイドルの皆さんと一緒にこの平和を願う楽曲を一緒に歌うことができて本当に光栄でした」とコメント。

また、沖さんは「(『花は誰のもの?』は)この時代のために作られた強いメッセージソングとなっています。みなさんの平和を考えるきっかけになればいいなと思っています」とコメントし、平和の願いを込めたステージとなりました。