×

ディズニー最新作『ウィッシュ』日本公開日が決定 テーマはディズニーが描き続けた“願いの力”

2023年5月3日 22:10
ディズニー最新作『ウィッシュ』日本公開日が決定 テーマはディズニーが描き続けた“願いの力”
ディズニーアニメーション映画最新作『ウィッシュ』 (C)2023 Disney. All Rights Reserved.
ウォルト・ディズニー・カンパニーの創立100周年記念作となるアニメーション映画の最新作『ウィッシュ』の日本公開日が、12月15日(金)に決定したことが発表されました。

映画は、長きにわたりディズニー作品が描き続けてきた“願いの力”を真正面からテーマとして描いた100年の集大成ともいうべき作品。どんな“願い”もかなうと言われているロサス王国を舞台に、今作のヒロインで、“願いの力”をまだ知らない17歳のアーシャが、王国に隠された裏の顔を知り、ディズニー史上最も恐ろしいヴィランに立ち向かっていく物語となっています。

また、今作の劇中曲『This Wish(原題)』は、王国の危機を救おうと、愛する人たちのために強く願うアーシャの心情が表現された楽曲。音楽は、第60回グラミー賞主要2部門にノミネートされたほか、ジャスティン・ビーバーさん、エド・シーランさんらへの楽曲提供も行う、ヒット・ソング・ライター兼アーティストのジュリア・マイケルズさんが担当します。

さらに、ヒロイン・アーシャの声優を、第94回アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリアナ・デボーズさんが務め、監督を『アナと雪の女王』の1、2作目を手掛けたクリス・バックさんと、『アナと雪の女王』や『ズートピア』などのストーリーアーティストを担当したファウン・ヴィーラスンソーンさんが務めるなど、ディズニー100年の歴史の集大成にふさわしいスタッフが勢ぞろいしました。

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • ディズニー最新作『ウィッシュ』日本公開日が決定 テーマはディズニーが描き続けた“願いの力”