日テレNEWS
カルチャー
2022年7月2日 22:35

岩本照、メンバーとの大阪の思い出明かす めるる「今日は楽しんでってな~」舞台挨拶で関西弁披露

岩本照、メンバーとの大阪の思い出明かす めるる「今日は楽しんでってな~」舞台挨拶で関西弁披露
Snow Man・岩本照さん(C)2022「モエカレはオレンジ⾊」製作委員会(C)⽟島ノン/講談社

9人組グループ・Snow Manの岩本照さん(29)が1日、モデルでタレントの“めるる”こと生見愛瑠さん(20)とともに、大阪市で行われた映画『モエカレはオレンジ色』(7月8日全国公開)の舞台挨拶に登場。“大阪”を満喫した思い出を明かしました。

映画は、生見さん演じるひとりぼっちの女子高校生・佐々木萌衣と、主演の岩本さん演じるシャイで真面目な消防士・蛯原恭介が繰り広げるラブストーリーです。

イベントでは、観客に迎えられ登場した岩本さんと生見さん。岩本さんは「今日はほんまにありがとう!」と声援に応えると、生見さんも「今日は楽しんでってな~」と2人揃って関西弁で挨拶し会場を盛り上げました。

■岩本照さんと生見愛瑠さんが撮影現場を振り返る

本作で、映画単独初主演となる岩本さん。役作りについて聞かれると「役作りというよりは、現場の雰囲気などについて(監督と)話していました。のびのびと演じさせてもらい、周りが作り上げてくれた蛯原だった」と、撮影を振り返りました。

一方、映画初出演でヒロインを務めた、生見さんは「作りこんで臨むというよりは、まわりの人と相談しながら演じていました。ただ、泣くシーンが多かったので、そういった面では勉強になりました」と撮影現場で学んだことを明かしました。

さらに生見さんは、岩本さんが演じた救助シーンについて「本当に消防士の方に助けられていると感じた」と消防士役の岩本さんを絶賛しました。

■2人の“大阪”での思い出は

また、この日イベントが行われた“大阪での思い出”について聞かれた岩本さんは「舞台をやっていたときに、SixTONESのメンバーとUSJに行ったり、心斎橋に行ったり」とグループで“大阪”を満喫した思い出を語りました。一方、生見さんも「皆さんが明るく接してくれ、ごはんもおいしかった」と大阪に来たことを喜びました。