日テレNEWS
経済
2018年12月19日 16:42

2万1000円割り込み…9か月ぶり安値に

2万1000円割り込み…9か月ぶり安値に
(c)NNN

19日の東京株式市場で日経平均株価は2日連続で値を下げた。

終値は前日比127円53銭安の2万987円92銭と心理的な節目である2万1000円を割り込み、3月26日以来およそ9か月ぶりの安値となった。

市場には世界景気の減速に対する警戒感が広がっており、幅広い銘柄に売り注文が出た。また、19日に上場したソフトバンクの初値が売りだし価格を下回ったことも投資家の心理を冷やした。

東証1部の売買代金は概算で2兆8046億円、売買高は概算で17億3903万株。