×

経産省が最大5900億円の追加支援へ 2027年からの量産…ラピダス社長「確実に進行できる形」

2024年4月2日 20:00
経産省が最大5900億円の追加支援へ 2027年からの量産…ラピダス社長「確実に進行できる形」

経済産業省は2日、最先端の半導体の量産を目指すラピダスに対し、新たに最大5900億円の追加支援を行うと発表しました。

斎藤経産相「ラピダスが取り組む次世代半導体は我が国産業の未来、将来の経済成長を左右する最重要技術である」

ラピダスは、2027年までにAIや自動運転などに使われる「次世代半導体」とよばれる最先端の半導体を日本国内で量産することを目指しています。

政府はこれまでにラピダスに対して3300億円の支援を行っていますが、斎藤経産相は2日、追加で最大5900億円を支援すると発表しました。支援の総額は9000億円を超えることになります。

一方、ラピダスの小池社長も会見し、政府の支援などで2027年からの量産が「確実に進行できる形になっている」と強調しました。北海道千歳市に建設中の工場についても、「工事は順調に進んでいる」としています。

    • 日テレNEWS NNN
    • 経済
    • 経産省が最大5900億円の追加支援へ 2027年からの量産…ラピダス社長「確実に進行できる形」