日テレNEWS
国際
2011年4月12日 15:53

“奇跡の救出”結婚25年目の夫婦が挙式

 チリ鉱山落盤事故の「奇跡の救出」から約半年。18番目に救出されたエステバン・ロハスさんが9日、仲間が見守る中、妻・ジェシカさんと念願の結婚式を挙げた。

 2人には子供が3人いるが、結婚式を挙げていなかったため、地下700メートルからの手紙で「助かったら、今度こそ式を挙げよう」と約束していた。

 ロハスさん「愛する人との約束を守れて、誇りに思います」

 ジェシカさん「誰にでも愛の瞬間は訪れるんですね」

 2人は結婚25年目で、結婚式と銀婚式を兼ねたお祝いとなった。