日テレNEWS
国際
2022年5月29日 7:08

国連・人権高等弁務官“ウイグル自治区”訪問 中国に「テロ対策」の政策見直し求める

国連・人権高等弁務官“ウイグル自治区”訪問 中国に「テロ対策」の政策見直し求める

人権侵害が指摘される中国の新疆ウイグル自治区を訪れた国連のバチェレ人権高等弁務官が28日夜、記者会見し、「テロ対策」の名目で中国政府が行っている政策の見直しを求めたことを明らかにしました。

バチェレ人権高等弁務官「(新疆ウイグル自治区での)テロや過激派対策の措置などに私から疑問と懸念を提起した」

バチェレ氏はこのように述べ、中国政府が新疆ウイグル自治区でテロ対策を名目に行っている政策について、国際的な人権の基準に合わせるよう見直しを求めたことを明らかにしました。

現地で刑務所なども訪れたということですが、訪問の目的は「調査ではない」とも述べ、中国側への配慮を見せました。

今後、報告書を提出する見通しですが、その内容によっては人権侵害の実態解明を求めてきた欧米各国から批判の声があがる可能性もあります。