日テレNEWS
国際
2022年6月17日 21:18

実はコカイン… 巧みな偽装で“冷凍ジャガイモ”に? コロンビア

コロンビアで“ジャガイモそっくり”のコカインが押収されました。圧縮してイモに見えるようにし、本物そっくりでしたが“ある致命的なミス”があり、コカインだと見抜かれました。

     ◇

どこからどう見ても、普通の“冷凍ジャガイモ”のようですが、一部をそぎ取り、薬物検査の試薬を垂らすと鮮やかな青色になりました。

ジャガイモそっくりのコカインが見つかったのは、南米・コロンビアの港町カルタヘナです。ヨーロッパ行きのコンテナに冷凍のジャガイモなどが積まれていて、調べたところ、コカインだと分かりました。

押収されたコカインは1300キロ。圧縮して、イモに見えるようにしていたといいます。

こんなに本物そっくりなのに、なぜコカインだと見抜かれてしまったのでしょうか? 実は、“ある致命的なミス”があったのです。

ロイター通信によると、冷凍ジャガイモなどのパッケージに賞味期限が書かれていなかったため、不審に思われ、検査されたということです。

コロンビアは最大のコカイン生産国とされていて、当局は「最近の薬物の密輸の中で、最も新しい偽装工作の1つだ」としています。