日テレNEWS
国際
2014年8月24日 7:21

米中軍機“接近”中国「安全な距離」と反論

 南シナ海上空で中国軍の戦闘機が米軍機に異常接近したとアメリカ政府が発表したことに対し、中国国防省は「通常の識別行動で安全な距離を保っていた」と反論した。

 アメリカ政府は、南シナ海上空で、中国軍の戦闘機が数回にわたりアメリカ軍の対戦哨戒機に異常接近したと発表していた。これに対し、中国国防省の報道官は、23日夜、「通常の識別行動であり、安全な距離を保っていた」と反論。「アメリカ側の中国側に対する大規模な接近と偵察こそが、不測の事態をもたらす根源だ」と、批判した。

 そのうえで、アメリカ側に対し、両国の軍の関係発展に向け中国への接近と偵察を停止するよう求めた。