日テレNEWS
国際
2014年12月16日 14:34

大韓航空前副社長を刑事告発へ

 大韓航空の前副社長が乗務員のサービスに激怒し、動き始めていた航空機を引き返させた問題で、韓国の国土交通省は前副社長を刑事告発すると発表した。

 韓国の国土交通省は16日、乗務員や乗客から聞き取り調査を行った結果、趙顕娥前副社長が航空機を引き返させる際、機内で大声をあげたり暴言をはいたりした事実が確認されたと明らかにした。これらの行為は航空保安法違反の疑いがあり、16日中に検察に告発するとしている。また、趙前副社長は飛行機に乗る前にワインを1~2杯飲んだと話したという。

 趙前副社長は先週、暴言については「初めて聞く話だ」などと否定していた。一方、趙前副社長から暴言を受け、旅客機から降ろされたサービス責任者は問題発覚後、大韓航空からウソの証言をするよう求められたと証言。国土交通省は、これを事実と認め、大韓航空に対し、航空法違反の疑いで運航停止や課徴金などの処分を検討している。