日テレNEWS
国際
2015年8月11日 7:33

NYダウ 8日ぶり大幅反発 240ドル高

NYダウ 8日ぶり大幅反発 240ドル高
(c)NNN

 10日のアメリカ・ニューヨーク株式市場は7営業日連続で下落が続いた反動で買い戻す動きが活発となり、ダウ平均株価は前週末比241ドル79セント高の1万7615ドル17セントで取引を終えた。またハイテク株が中心のナスダック総合指数は58.26ポイント上げ、5101.80だった。

 ダウ平均株価は先週末まで7営業日連続での下落が続いていたが、この日は割安感から、これまで売られていた銘柄を中心に積極的に買い戻された。中国の株式市場が大幅に上昇したことや、原油先物相場が上がりエネルギー関連株などが買われたことも株価を押し上げる材料になった。また市場関係者によるとFRB(=連邦準備制度理事会)の副議長が「インフレ率が低い」と発言したことを、一部の投資家が9月の利上げに慎重な姿勢を示したと受け止め、買い注文を入れる動きもあったという。