日テレNEWS
国際
2017年2月15日 2:06

トランプ政権に大打撃…大統領補佐官が辞任

 アメリカ・トランプ大統領の側近・フリン大統領補佐官が辞任した。

 ロシアへの制裁解除をめぐり、政権発足前の去年12月、不正に駐米ロシア大使と協議した責任をとったもの。民間人が外交交渉に関与することは法律で禁じられていて、FBI(=連邦捜査局)が捜査しているとされていた。

 政権発足から1か月たたない側近の辞任はトランプ政権に大きな打撃。フリン補佐官は協議したことを隠していたと認めた上で、「副大統領などに不十分な情報を報告してしまった」と謝罪している。