日テレNEWS
国際
2018年5月29日 12:52

核兵器の“完全かつ永久的な解体”を確認

アメリカのトランプ大統領と安倍首相が28日夜、電話で会談した際、核兵器などの「完全かつ永久的な解体」を目指すことを確認したとホワイトハウスが発表した。

それによると、日米の首脳は「北朝鮮の核兵器、化学兵器、生物兵器、弾道ミサイル計画の完全かつ永久的な解体を達成することが共通の責務であることを確認した」という。

米朝首脳会談の開催に向け両国の代表者が協議を行う中、改めて、強い姿勢で臨む方針を示し、北朝鮮をけん制した形。

一方、有力紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」は28日、トランプ政権が北朝鮮に対する「新たな大規模制裁」を準備していると伝えた。

米朝協議が進んでいる間は発表を見合わせるとしていて、非核化で歩み寄るよう北朝鮮にプレッシャーをかける狙いもありそうだ。