日テレNEWS
国際
2018年10月13日 8:46

戦場を歩いてきた♯40「バリケード」

世界各地の紛争地を取材しているジャーナリストの佐藤和孝さんが、自ら「戦場の最前線」で撮影してきた写真をもとに“真実”を語る。

第40回のテーマは『バリケード』。今回の一枚は、1993年冬、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都・サラエボの大通りで、3人の男性が歩く道の脇に車が横倒しになって並んでいる様子を撮影したもの。なぜ車が横倒しになっているのか。

※詳しくは動画でご覧ください。(再生時間 約3分08秒)