日テレNEWS
国際
2022年6月2日 21:42

PCR検査場に殺到 72時間以内の陰性証明求められ… 中国・上海

PCR検査場に殺到 72時間以内の陰性証明求められ… 中国・上海

6月1日に2か月以上に及ぶロックダウンが解除された中国・上海では、各地のPCR検査場に多くの人が殺到しました。解除後に導入された感染対策として、あらゆる場所で72時間以内の陰性証明が求められているのです。

   ◇

6月1日に2か月以上に及ぶロックダウンが解除された中国・上海では、各地のPCR検査場に長い列ができていました。

上海市民
「1時間以上待っています。今後2~3日に1回PCRを受けなければならない」

検査場に人が殺到するワケは、解除後に導入された感染対策です。現在、上海では地下鉄やスーパーなどあらゆる場所で、72時間以内の陰性証明が求められているのです。

記者
「あまりに人が殺到したため、一部の住民が排除され、トラブルになっています」

上海市は、PCR検査をどこでも受けられるよう9000か所以上に簡易の検査場を設置しました。それでも検査は追いつかず、各地で不満の声があがっています。