日テレNEWS
国際
2021年2月16日 9:45

WTO新事務局長「トンネルの先に光が…」

WTO(=世界貿易機関)は、新しい事務局長に、ナイジェリアの元財務相を選出しました。女性やアフリカの出身者が事務局長に就くのは初めてです。

WTOの理事会で15日、事務局長に選出されたのは、ナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相です。オコンジョイウェアラ氏は、世界銀行の副総裁や、途上国でワクチン接種に取り組む国際団体の理事長などを歴任しました。

女性やアフリカの出身者がWTOのトップに就くのは初めてです。

オコンジョイウェアラ新事務局長「WTOが直面している課題は数多く厄介なものだが克服できる。信頼を築き橋を架け、政治的緊張を和らげ透明性のある方法で協力すればトンネルの先に光がある」

事務局長のポストを巡っては、オコンジョイウェアラ氏への一本化にアメリカが反対し、およそ半年間にわたってトップ不在が続いていましたが、今月に入り、対抗馬の韓国の候補者が辞退を表明していました。

就任は、来月1日の予定です。