日テレNEWS
国際
2021年6月10日 13:50

台湾 火力発電所で大規模火災、ケガ人なし

台湾の火力発電所で大規模な火災が発生し、施設の一部が崩落しました。この火災によるケガ人はいません。

台湾メディアによりますと、日本時間の10日午前8時ごろ、台湾中部の台中市にある石炭火力発電所で、石炭を運搬する巨大なベルトコンベヤーから出火しました。

現地の消防によりますと、火は石炭を保管する倉庫にも延焼しましたが、消防車25台で消火活動にあたり、およそ2時間半後にほぼ消し止められました。

発電所本体への延焼はなく、ケガ人もいないということです。現在、消防などが出火原因を調べています。

発電所側は、「石炭の備蓄は十分にあり、今後の発電に影響はない」と説明しています。