日テレNEWS
国際
2021年9月15日 5:34

英国、約3000万人対象に3回目接種へ

イギリス政府は14日、冬にかけて新型コロナウイルスの感染が再拡大した場合に備え、およそ3000万人を対象に3回目のワクチン接種を行うと発表しました。

イギリスでの3回目の接種は来週から始まり、50代以上や医療従事者、基礎疾患がある40代以下の人などに行われます。

2回目の接種から半年が経過した人から順次行われ、人口の4割以上にあたる約3000万人が対象となります。

英国・ジョンソン首相「(3回目の接種で)ワクチン免疫によるさらに高い壁を築くことができる」

WHO(=世界保健機関)はワクチンが途上国に行き渡っていない中で3回目の接種を控えるよう求めていますが、イギリス政府は冬場での感染再拡大に備え必要だと判断した形です。

一方、人口の大部分を占めるイングランドでは、大規模イベントなどを対象にワクチンパスポートの導入が検討されていましたが、経済への影響などを考慮し見送られました。