日テレNEWS
国際
2021年10月6日 19:06

受賞理由「非対称な有機触媒の開発」化学賞

今年のノーベル化学賞の受賞者が発表され、アメリカの研究者ら2人の受賞が決まりました。日本の受賞とはなりませんでした。

受賞が決まったのは、ドイツ出身でマックスプランク研究所のベンジャミン・リスト氏、アメリカプリンストン大学のデイビッド・マクミラン氏の2人です。

選考にあたったスウェーデンの王立科学アカデミーは、「非対称な有機触媒の開発」を受賞理由にあげています。この研究成果は、分子構造の解析に役立ち、創薬などに利用されるとされています。

2019年の旭化成名誉フェロー・吉野彰さん以来となる日本の化学賞受賞はなりませんでした。

授賞式は、12月にスウェーデンで開かれますが、新型コロナウイルスの影響で受賞者は去年と同様、それぞれの国でメダルや賞状を受けとることになります。