×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • ザポリージャ原発でロシア側の人員が撤退か ゼレンスキー大統領「ロシアが爆発を起こす準備」“深刻な脅威”主張

ザポリージャ原発でロシア側の人員が撤退か ゼレンスキー大統領「ロシアが爆発を起こす準備」“深刻な脅威”主張

2023年7月2日 2:22

ロシア軍が占拠しているウクライナ南部のザポリージャ原発についてウクライナの情報機関は先月30日、「ロシア側の人員が撤退しつつある」と主張しました。

ロイター通信によりますと、ウクライナ国防省情報総局は先月30日、SNSへの投稿で、ザポリージャ原発にいるロシアの国営原子力企業ロスアトムの従業員が退去をはじめたと主張しました。ロスアトムと契約しているウクライナ人従業員にも退去勧告が出され、7月5日までにロシアが支配するクリミア半島への退避を求められているほか、原発に残る職員に対しては「緊急事態が発生したらウクライナ側を非難する」よう指示がでているとしています。

こうした中、ウクライナのゼレンスキー大統領は1日、「ロシアが局所的な爆発を起こす技術的な準備が整っている」と主張し、「深刻な脅威が残されている」と警戒感を示しました。

一方で、IAEA(=国際原子力機関)の発表によりますと、施設周辺では、地雷などの爆発物は今のところ発見されておらず、詳細な調査のために立ち入り検査をする必要があるということですが、職員の動きには言及はありませんでした。