日テレNEWS
政治
2022年1月17日 20:20

岸田氏“コロナ対応が最優先”施政方針演説

岸田氏“コロナ対応が最優先”施政方針演説
(c)NNN

通常国会が召集された17日、岸田首相は施政方針演説を行い、新型コロナウイルス対策を最優先課題と位置づけ、全力で取り組む考えを強調しました。

岸田首相「まずは、新型コロナに打ち勝つことに全身全霊で取り組んでまいります」「皆で協力しながら挑戦し、コロナ後の新しい日本をつくり上げていこうではありませんか」

岸田首相は、このように述べた上で、医療提供体制の強化や、3回目のワクチン接種のペースアップなど、オミクロン株への対策に最優先で取り組む考えを強調しました。

さらに、これまでの政府の対応や、今後、病床の確保をするため、自治体の権限を強化する法改正が必要かなどを検証し、6月をめどに改善策を打ち出すことを表明しました。

看板政策の「新しい資本主義」については、「成長と分配の両面から経済を動かし、持続可能な経済を作りあげる」と訴え、ことし春のうちに実行計画を策定するとしました。

その上で、脱炭素社会に向けた取り組みを「成長を生み出すエンジン」と位置づけ、官民の投資を早期に倍増させる考えを示しました。

また、被爆地広島出身の首相として核兵器のない世界を追求するため、各国の政治リーダーを集めた「国際賢人会議」を立ち上げ、今年中に広島で第一回会合を開催する考えを明らかにしました。

一方、国土交通省が統計を書き換えていた問題については陳謝し、「政府統計全体の信頼を回復するべく指導・監督していく」と述べました。