日テレNEWS
政治
2012年7月10日 1:41

鳩山氏の党員資格停止、6か月から3か月に

鳩山氏の党員資格停止、6か月から3か月に
(c)NNN

 消費税増税法案などの採決で造反した議員について、民主党は9日、正式に処分を決定した。小沢一郎氏らが除籍処分になる一方、鳩山元首相は、党員資格停止6か月から3か月に短縮された。

 9日に決まった処分では、採決で反対して離党届を提出した小沢氏ら37人を除籍処分にする他、反対したものの離党しない議員については党員資格停止2か月、鳩山氏を党員資格停止3か月にするとしている。

 鳩山氏をめぐっては、当初、党員資格停止6か月とする方針だったが、鳩山グループなどから鳩山氏だけが重い処分となることについて、強い反発の声が上がっていた。こうしたことから、党の倫理委員会は再考を求める答申を提出し、これを受けて処分が短縮された。執行部としては、党内の混乱を最小限にとどめるためにも処分を短縮したものとみられる。

 鳩山氏は「どう考えても自分としては賛成できないという思いで消費税増税法案には反対をしたわけですから、その処分に対して関心があるわけではありません」と話している。