日テレNEWS
政治
2013年1月28日 2:31

92兆円超の13年度予算案を了承

92兆円超の13年度予算案を了承
(c)NNN

 13年度の予算編成をめぐる調整が大詰めを迎えている。政府・与党は27日夜、一般会計で総額92兆円を超える13年度予算案を了承した。

 安倍首相「切れ目のない経済対策を行う他、東日本大震災からの復興、国民の命を守る防災対策などの諸課題にしっかり対応するものとなった」

 13年度予算案の一般会計は総額約92兆6000億円で、7年ぶりに前年度当初予算を下回る。税収は約43兆1000億円で、借金である新規国債発行額(約42兆9000億円)を上回る。これにより、国債発行額が税収より多い逆転現象は4年ぶりに解消する。

 27日昼には閣僚折衝が行われ、地震・津波対策、橋やトンネルの老朽化対策として、地方向けに新たに1兆円規模の交付金を盛り込むことが固まった。公共事業予算は前年度より約7000億円増え、約5兆3000億円となる。

 焦点の一つだった生活保護費は、食費や光熱費などを賄う「生活扶助」が概算要求段階より13年度で220億円、15年度までの3年間で計740億円削減される。現在、保護を受けている世帯の97%が対象となる。

 また、地方公務員の給与については、国と地方の負担が計9000億円分削減される。給与の削減分などを含めて国が地方に配分する地方交付税は、12年度より約4000億円少ない約17兆1000億円となった。交付税額が前年度を下回るのは6年ぶり。

 政府は、29日の閣議で13年度予算案を決定する。