日テレNEWS
政治
2014年10月27日 18:28

北朝鮮側と協議へ 日本政府代表団が平壌に

 北朝鮮による拉致被害者などの全面調査の現状について説明を受けるため、日本政府の代表団が日本時間27日午後、北朝鮮の平壌に到着した。

 代表団は外務省の伊原アジア大洋州局長ら約10人で構成され、日本時間27日午後、平壌の空港に到着し、日本を担当している北朝鮮外務省のユ・ソンイル課長らが出迎えた。日本政府が拉致問題で北朝鮮に代表団を送るのは10年ぶりのこと。

 代表団は28日と29日の2日間、拉致被害者などの全面調査を行う北朝鮮の特別調査委員会との協議にのぞむ。

 日本政府は北朝鮮に対して特別調査委員会の徐大河委員長など責任者の出席を求めていて、協議では「拉致問題が最優先課題であると伝え、調査の現状を問いただす」としている。