日テレNEWS
政治
2016年7月8日 12:34

都知事選 民進党では松沢氏、古賀氏が浮上

都知事選 民進党では松沢氏、古賀氏が浮上
(c)NNN

 民進党は8日朝、都連の選対会議を行った。松原都連会長は終了後、これまで擁立を検討してきた長島衆議院議員について、共産党などとの共闘に否定的な見解を示していて擁立は難しいと述べた。

 その上で、前神奈川県知事で無所属の松沢成文参議院議員と元経済産業省官僚の古賀茂明氏の2人を挙げ、党本部と調整を行う考えを示した。松沢氏はすでに松原都連会長に立候補に前向きな姿勢を示している。

 一方、松原都連会長は俳優の石田純一氏について、実務経験が無いとして擁立に否定的な考えを示した。

 そのほか都知事選にはこれまで次の11人が立候補を表明している。

・小池百合子氏(元防衛相)
・マック赤坂氏(政治団体代表)
・中川暢三氏(元大阪市北区長)
・桜井誠氏(市民団体代表)
・河野充喜氏(洋画家)
・河野憲二氏(会社員)
・今尾貞夫氏(医師)
・山口敏夫氏(元労相)
・立花孝志氏(船橋市議)
・山口節生氏(鑑定士)
・高橋尚吾氏(元派遣社員)