日テレNEWS
政治
2016年7月14日 10:33

17日間の選挙戦 東京都知事選スタート

17日間の選挙戦 東京都知事選スタート
(c)NNN

 舛添要一前都知事の辞職にともなう東京都知事選挙が14日に告示され、17日間の選挙戦が始まった。

 今回の東京都知事選は、舛添要一前知事が政治資金の使い方や公用車の私的利用などの問題で辞職したことに伴い行われるもの。立候補は14日午前8時半から受け付けられている。これまでに立候補をしたのは、いずれも無所属の新人でジャーナリストの鳥越俊太郎氏、元総務相の増田寛也氏、元防衛相の小池百合子氏の他、以下の11人が立候補した。

・高橋尚吾氏
・谷山雄二朗氏
・桜井誠氏
・マック赤坂氏
・山口敏夫氏
・山中雅明氏
・後藤輝樹氏
・岸本雅吉氏
・上杉隆氏
・七海ひろこ氏
・中川暢三氏


 東京都の有権者数は約1130万人。東京都の知事は2代続いて任期の途中で政治とカネの問題で辞職している。選挙戦ではこうした問題をどうチェックしていくか、首都直下型地震などに備える防災対策や待機児童や高齢化などの福祉政策をどう充実させるか、さらに、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会の準備を国などと連携しながらどう進めるかなどについて論戦が繰り広げられる見通し。

 東京都知事選は今月31日が投票で、即日開票される。